CF計算書入門セミナー

ホーム
上へ

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

事務所紹介

支援業務

会計知識

税務知識

会社法知識

経営知識

グループ経営

ライブラリー

サイトマップ

キャッシュフロー計算書については上場会社ではその作成が義務づけられています。また、未公開企業ではその作成は制度上は義務づけられていませんが、昨今その重要性が周知され、作成されている未上場の中堅企業・中小企業も増えているようです。

 ただし、一般的にはキャッシュフロー計算書は間接法で表示される方法で作成されるため、作成方法の難しさも手伝い、よくわかりにくいと受け止められていることも多いでしょう。

 そのため、当事務所ではキャッシュフロー計算書入門セミナーを開催することにいたしました。セミナーではキャッシュフロー計算書の概要、キャッシュフロー計算書から見える会社の姿、そして企業業績を向上させるためにはどうキャッシュフロー計算書を活用すればいいのかをお話しします。
 なお、キャッシュフロー計算書の作成方法については別途のセミナーで取り扱います。

 参考までにセミナー資料を公開します(表の表示がうまくいっていないページが2ページほどあります。また、印刷はできません)。
  →キャッシュフロー計算書入門PDFファイル

【セミナー題目】
 キャッシュフロー計算書入門セミナー


【セミナー講師】
 青山恒夫(公認会計士、税理士)
 

【主な受講対象者】
 ・中堅企業・中小企業の経営者・経理関係者(責任者・担当者)
 ・子会社管理をされている経営企画関係者
 ・その他、キャッシュフロー計算書について理解を深めたいと考えられている方


【セミナーでお話する内容】
 《キャッシュフロー計算書の概要》
 ・貸借対照表や損益計算書とキャッシュフロー計算書の違い
 ・キャッシュフロー計算書が注目を浴びるようになった背景
 ・キャッシュフロー計算書と資金繰り表との違い
 ・キャッシュフロー計算書の構成とその内容
  (1)営業キャッシュフロー
  (2)投資キャッシュフロー
  (3)財務キャッシュフロー
 ・直接法と間接法との違い
 ・キャッシュフロー計算書の特長
 ・フリーキャッシュフローとは

 《キャッシュフロー経営》
 ・キャッシュフロー経営とは
 ・キャッシュフロー計算書のパターン
  (1)業績良好のパターン
  (2)業績悪化のパターン
   (3)ベンチャー企業のパターン
  (4)成熟企業のパターン
 ・キャッシュフローを増加させるには
  (1)売上債権を減少させる
  (2)仕入債務を増加させる
  (3)棚卸資産を減少させる

 《キャッシュフロー計算書の分析と留意点》
  ・キャッシュフロー計算書の経営分析方法
  (1)収益性分析
  (2)安全性分析
  ・キャッシュフロー計算書分析の留意点

 《キャッシュフロー計算書について考えてみる》
  ・キャッシュフローと利益について
  ・投資活動の成果は投資キャッシュフローだけでは現せない
  ・研究開発支出は投資キャッシュフローではなく、営業キャッシュフロー
  ・キャッシュフロー計算書はごまかしがきかないか

 《補論》
  ・DCF(ディスカウント・キャッシュフロー)について
  ・設備投資の経済性計算について
 ・その他


ページトップへ
このサイトに 対するご意見やご要望はinfo@aoyamaoffice.jpまでお願いいたします