決算書作成のための会計

ホーム
上へ
財務会計の概要
財務会計の総論
資産の会計
負債の会計
純資産の会計
損益の会計
キャッシュフロー計算書
貸借対照表の見方
損益計算書の見方

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

事務所紹介

支援業務

会計知識

税務知識

会社法知識

経営知識

グループ経営

ライブラリー

サイトマップ

 決算書作成のための会計とは金融機関、税務署、私募債申込者、増資応募者など企業外部にいる利害関係者に企業の財務状況を報告するための会計(制度会計)に関する資料です。

財務会計の概要

 会計の概要としていま流行のMind Manager(Mindjet社製品)で作成した図を掲載します。

資産の会計
 貸借対照表の資産、具体的には金融資産(売上債権、有価証券、貸付金等)、有形固定資産、無形固定資産(のれん、ソフトウエア等)の会計です。

負債の会計
 貸借対照表の負債(借入金、退職給付引当金等)の会計です。

純資産の会計
 貸借対照表の純資産(株主資本、評価換算差額等)の会計です。

損益の会計
 損益計算書の話で、主な論点は収益の認識などです。

キャッシュフロー計算書
 貸借対照表や損益計算書はいわば会計学の考え方が適用されて作成されますが、キャッシュフロー計算書は端的に言えば現金出納帳のようなイメージです。そのため、あまり、会計学の考え方は用いません。


 


ページトップへ