純資産の会計

ホーム
上へ

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

事務所紹介

支援業務

会計知識

税務知識

会社法知識

経営知識

グループ経営

ライブラリー

サイトマップ

純資産の分類
 純資産は大きく、次の区分になります。
 (1)株主資本
  端的に言えば、株主からの出資(元手)とその元手を基に稼いだ果実(剰余金)のことです。
  資本金、資本剰余金(資本準備金、その他資本剰余金)、利益剰余金(利益準備金、その他利益剰余金)、自己株式

 (2)評価換算差額
  その他有価証券の評価損益など

 (3)新株予約権 

  ※評価換算差額は個別財務諸表の用語で、連結財務諸表ではその他包括利益累計額という用語を用います。